FC2ブログ

昔々、スーツの着こなしについて熱く語っていたブログ。今は、言いたい事を言いたい時に語るんです。

main-rogo.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。

週末の恋人「ヲタクラシックLOVE」の時間がヤテマイリマシタ。

最近めっきり夏めいてまいりまして、これからどんどん寝苦しい夜が増えてくるわけでございますが、そんな夏の夜の不快指数をググーンと下げてくれるのが何を隠そう「クラシック音楽」でございましょうと。

寝苦しい夜に聞いていただきたいのが、その名も呼んで字の如く

「夜想曲(やそうきょく)」でしょうと。

えぇ、この「夜想曲」というやつ、英語でノクターン(nocturne)と申しまして、ここまでくれば多くの方はご存知の事と思いますが、いわゆるショパンで有名なあのノクターンでございますハイ。

『フレデリック・ショパンは、夜想曲をより自由でロマンティックな楽曲へと発展させた。今日では夜想曲と言えばショパンの一連の作品が最もよく知られている。その他、ガブリエル・フォーレやクロード・ドビュッシーの管弦楽曲が有名である。』

なんて解説文がよくある説明。

ちなみに、ショパンのノクターンは『夜想曲第1番 変ロ短調 op.9-1』から『夜想曲第21番 ハ短調(遺作) 』 までの全21作。

今日は、そのなかからショパンといえば「ショパン国際ピアノコンクール(*1)」この5年に一度の由緒あるコンクールの歴代優勝者の演奏で

・夜想曲第2番 変ホ長調 op.9-2
・夜想曲第8番 変ニ長調 op.27-2
・夜想曲第18番 ホ長調 op.62-2

をUPしてみました。

寝苦しい夜のウットリ彫り。是非「READ MORE」でご覧いただきたいです!



ショパン国際ピアノコンクール(*1)」ショパンの故郷であるポーランド、ワルシャワで5年に一回、ショパンの命日の10月17日の前後3週間にわたって開催され、過去の入賞者は世界の巨匠が名を連ねる。第二次世界大戦中に開催の中断があった。演題はショパンのみの曲を対象とする
■夜想曲第2番 変ホ長調 op.9-2
Yundi Li plays Chopin Nocturne Op. 9 No. 2


【Player】Yundi Li:2000年第14回ショパン国際ピアノコンクールを17歳の最年少で優勝した、あまりにも有名な中国の若き天才ピアニストですね


■夜想曲第8番 変ニ長調 op.27-2
Maurizio Pollini plays Chopin Nocturne no. 8 op. 27 no. 2


【Player】Maurizio Pollini : 1960年、18歳で第6回ショパン国際ピアノコンクールに審査員全員一致で優勝。審査委員長のアルトゥール・ルービンシュタインが「今ここにいる審査員の中で、彼より巧く(技術的に)弾けるものが果たしているであろうか」と賛辞を述べ、一躍国際的な名声を勝ち取る。
現役ピアニスト中最も高い評価を受けているひとりである。


■夜想曲第18番 ホ長調 op.62-2
Dang Thai Son Chopin Nocturne in E, Op.62-2


【Player】Dang Thai Son : ベトナムの著名なピアニスト。1980年(
第10回)にアジア人で初めてショパン国際ピアノコンクールの覇者となった。とりわけショパン作品の解釈と、透明な音色、音楽づくりの自然な呼吸で定評がある。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 スーツ 着こなしのブログ, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。