昔々、スーツの着こなしについて熱く語っていたブログ。今は、言いたい事を言いたい時に語るんです。

main-rogo.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ist2_869338_expectation.jpg


チャンラーン!と、先日より引っ張りに引っ張っている、阪○メンズ館ネタなんですが、まぁ、この引っ張り自体が意味するのは、ワタシも非常に待ち遠しく思っている「ちょいヲタ一般消費者」に違いないということで、なんだかんだと言いながらワクワクしておる次第なわけですハイ。

が、ですが、いえむしろ、がゆえに、昨日アップした決して分かりやすいとは言い切れない例え話を引いてまでモノを申しておきたいんです。

ですから、今日は単刀直入に問題提起2つ。

ひとつ。取り扱いブランド全てが夢のような成功を収めるとは言いがたく、少なからず収益が上げられないショップがいずれ必ず出てくるわけで、その際に貸主借主間でどのような舵取りを行なうのかという事が、今から考えてあらねばならないと思われるのです。

これは、単に百貨店とブランド企業の利益に関する問題ではなく、消費者にとっての「阪○メンズ館」のメリット、つまり立ち上げ当初の志の高い豪華なMD構成を堪能できるという最大のメリットが損なわれて、時間と共に競争力のないただの館になってしまっては、非常に寂しいことですから。

そしてふたつ。これは主に各ブランド・ショップに比重が大きい問題ですが、今回の「阪○メンズ館」のオープンに伴い、数百人という新規オープニングスタッフが必要となったわけでして、それを全て各ブランド・ショップに精通した既存のスタッフでまかなうことが非常に難しく、どうしても多くの新規採用が必要になります。

もちろん、ヘッドハンティングといった形で企業が声をかけて実力者を引き抜くということもありましょうが、現実的には「いわゆる実力者と一目置かれるようなプレーヤー」がそう簡単に一本釣りできるわけでもなく、やはり、大半の新規採用者というのは並程度のプレーヤー(場合によってはチャンスに恵まれた並以下の志の者もなきにしもあらず)になりますから、

これで、困難な新規立ち上げ、また、ショッピングにおいてプロセスを重要視する男性を専門的にお相手するという特殊な環境での納得のいくサービスが各フロアで提供されるのだろうかという問題です。

まぁ、いずれにせよ、現場においてしっかりとした教育がなされて、名実共にどこに出しても恥ずかしくないような「ラグジュアリィ・メンズ館」になって、訪れるヲサレメンズたちを喜ばせてくれるような「サービスの殿堂」になっていただきたいと思う今日この頃でございます。



>>人気blogランキング順位
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 スーツ 着こなしのブログ, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。