FC2ブログ

昔々、スーツの着こなしについて熱く語っていたブログ。今は、言いたい事を言いたい時に語るんです。

main-rogo.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

devil_prada1.jpg000000289.jpg



えぇ、当ても無く"OSAKA"の街を徘徊していてアップが遅れてしまいました・・・


さて、先日の長い前振りに続く本編で、

「Made in Italy」

という表記に関する話題でございます。


「Made in Italy」、つまりは「イタリア製」・・・イタリアならではの比類なきセンスの冴えと職人技能の粋が生み出すモーダならびにクラシコ・・・そんな、絶対的な信頼と同義と捉えられてきた「Made in Italy」の看板ですが、

実は、『イタリア行政当局によって製品の30%だけでもイタリア国内で作られていれば「イタリア製」と認められており、有名モードブランドのいくつかは、70%を中国で生産した製品を輸入し、残りの30%をイタリア国内で生産して「Made in Italy」を銘打っている。』という実情が、ご当地イタリア国内のTV番組で放映されて話題になっているんだそうです。

その番組では、残りの30%でさえ低賃金で働くイタリア在住の中国人(多くは不法入国者)によって作られていると伝え、証拠として彼らが働くファクトリーでインタビューを行い、わざわざ偽造パスポートまでも実際に映していたようです。

また、そこがどのブランドのファクトリーかをも実名で伝え、実際にこれらの人々が作業を終えて出来上がった品物にそのブランドのネームを縫い付ける姿が流れていたというから、なかなか思い切りのよいTV番組ですよね。【詳細は『文藝春秋2月号』内「ブランド品にはご注意を」参照】


わたしがかつて訪れた事のある某有名紳士服ブランドのファクトリーでは、一応1から10までその場で生産されていて、そのブランドが掲げる「生地から製品までの一貫生産」に偽りはありませんでしたが、さりとてそのブランドであっても「トップラインの重衣料はイタリア製それ以下のカジュアル衣料は中国製へ」と、商品によって品質重視と価格重視の住み分けを行なっているのが実態で、むしろ私はそれは正しいマーケティングなんだろうと思います。

つまり、品質重視はキチンとイタリアで一貫生産しますよと、でもって価格重視は低賃金の外国で生産してしっかりプライスに反映させますよと、でも管理体制はしっかりと整え「Made in China」ではなくって「Made in ○○(そのブランド名)」というポリシーの元、「安い=悪い」の品物には断じていたしません!と、こういう姿勢が今求められているのではないでしょうか。


中国人が作っているからどうとか、不法入国者が作っているからどうとかいうのではなく、消費者の目を欺いて売り手がラクに利益を得ようとする類の姿勢こそ正すべき点ではないのだろうかと思う今日この頃でございます。


>>人気blogランキング順位
スポンサーサイト




服飾をやってた知人の話です。中国の工場に対してサンプル用に1着分、製品用が12着分、予備が2着分、計15着分の生地を送るという方法でやっていたそうです。ある日、リクエストがあって予備の分からもう1着作ろうとしたところ、生地がないとのこと。調べてみると、予備の生地は殆どすべて残っておらず、工場の人間が勝手に作って売っていたり、着ていたりだったそうですが、「余っているものを使って何が悪いのだ」という態度だったそうです。他にもいろいろ問題があり、「二度と関わりたくない」と工場はベトナムに移転しました。これ、10年以上前の話です。その後もナイキでしたか、昼は正規品、夜は本物の金型でニセモノ作っていたとか、海外生産で楽に利益があがるなんて思ってるんだとしたら、そのうち痛い目にあうと思いますね。

イタリア製のバイクを持っているのですが、イタリア人に工場での品質管理なんてできるわけないじゃん、というのが素直な印象(^_^;)
【2008/01/27 11:36】 URL | AL #/5lgbLzc[ 編集]
大変じゃ!白人コンプレックスが炸裂しとるぞ進二♪
聞くところによると某ラテン国エアラインの機内販売で、東洋人(日本人、韓国人、台湾人ね)相手に堂々とフェイクアイテムが販売されとったそうじゃ!
ついでに女は犯され、男は金玉抜かれるらしいんじや!!
みんな戦争が悪いんじゃーッ!ピカのバカタレ!父ちゃんや日本人の誇りを返せぇ~♪
【2008/01/28 15:49】 URL | はだゲソ #-[ 編集]
>ALさん

モノづくりの現場の実態は恐ろしいですね・・・
ちなみに、昨今中国からベトナムへ工場を移転させる企業が多いらしく、というのも賃金が安いことに加え、幼少期より女子が義務教育的に縫製を学ぶ事から縫製関係の仕事の質も高いのだとか・・・

とはいえそれだって、日本のモノづくりに比べたら随分と粗悪なものでしょうが・・・



>ゲソ師匠

ゲソ師匠節炸裂ですね♪

ワタシからもひと吠え
「日本人よ、日本人の誇りを取り返せ~!」

続きは軍国酒場でご指導よろしくお願い申し上げます。
【2008/01/30 13:18】 URL | PINO #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 スーツ 着こなしのブログ, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。