FC2ブログ

昔々、スーツの着こなしについて熱く語っていたブログ。今は、言いたい事を言いたい時に語るんです。

main-rogo.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D1000038.jpg


全国、3800万人の「オトコの料理」ファンの皆様こちら何の写真だかお分かりですか??


砥石 


ですよ砥石!

ちなみに、右が「荒砥石」⇒切れなくなった刃物や、少し欠けた包丁を研ぐ
左が、「中砥石」⇒よく切れるようにするとき
中が、「仕上砥石」⇒最後に仕上げをするとき ・・・と思われます(多分ね)



えぇ、久しぶりの休日を満喫しているワタシですが、前々からせねばせねばと思っておりました「研ぎ」を今日こそやってみるぞと勇ましく、祖父の形見であるこの砥石を物置の奥から引っ張り出して、いざシャリシャリやってみようじゃないのというわけでございます。

祖父が亡くなりましたときに、大学生だった私は実家におり祖父とは離れて暮らしていたのですが、祖父が日頃愛用していた「備前の湯呑」と、実家の包丁をよく研いでくれていたこの「砥石」を、「どうしても自分が貰いたい!」と譲ってもらった思い出の品物なんですよマジデ。

ただですね、その後私が実家を出て一人で暮らすようになりましたときにも、湯呑と砥石はもちろん離さず持ち出しましてですね、自分の包丁は自分で研ぐんだ!と意気込んでおったわけでございますが何分マイ包丁がベタなステンレス製のものだったもので、なかなか「研ぐ」機会を逸して8年が過ぎましたそんな折に、先日ついに鉄製片刃の古い包丁を入手したもんですから、ここぞとばかりに、本日この「形見」を引っ張り出してきた次第でございます。


と、ここでちょっと脱線いたしますが、私は「刃物を研ぐ」って行為に何か儀式的で精神的な魅力を感じております。これは日本刀の刃の手入れと精神修行に深い関係がある事や、単に「道具を手入れする」という行為の中に凛とした雰囲気というか結局は自分自身を磨いているんだという、いわゆる「靴を磨きなさい、そして自分を磨きなさい」の精神を感じているからなのかも知れません。

ただ、中でも「刃物」ってのはやっぱり特別な存在で、道具として様々な目的が与えられて「武器」にもなったり「鋏・包丁・剃刀・鋸」といった仕事を助ける道具にもなったりするわけで、その目的が何であれ刃物は「良く切れる」ことこそそのあるべき姿であり、また研ぎ澄まされた鋭い刃先や刃文こそ「美しい」というか「静かでかつ力強い」オーラを発しているわけですから、やはりこれに日本人の魂をオーバーラップさせてみたり、装飾美に対する究極の機能美を見出したりしたくなってしまうわけですハイ。クラシックな仕立服もそうでしょ^^


な~んてまた講釈を垂れながら実際やってみたんですよ始めての刃研ぎをね。

正直、ハマりますよ^^

初めは全く要領がつかめずにただ砥石の上をシャリシャリやるだけだったんですけど、やってるうちになんとなくつかめてきて、素人はだしにも一応「研いだ感」が出ます。

でも、研いだ包丁で実際に切ってみたんですけど、やっぱ甘くなくって「何だか切りにくい」んです。

で、よくよく刃を眺めてみたら多分刃の角度を低くしすぎたみたいで、もすこし角度を立てないといけないみたい。もちろんですが、まだまだ的を射てない感じでした。


ところで、昨今小さい子供を幼稚園や小学校に通わせる親御さんの中で、「危ないから鋏などの刃物を使わせないでくれ!」と半ばクレームを申し立てる方がいらっしゃるそうですが、これ寂しい現状ですよね・・・

刃物は切れるものです!どうやって使ったらどんなに危ないかは、自分で経験して時には怪我をして覚えるもののように私は思いますが、こんな親御さんは是非お子さんと一緒に砥石で包丁を研いでみていただきたいものですマジデ。


D1000042.jpg
錆付いた古い包丁

D1000040.jpg
初めてでも、こんなにキレイになりました!
・・・まだまだこれからですが^^



>>人気blogランキング順位

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 スーツ 着こなしのブログ, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。