FC2ブログ

昔々、スーツの着こなしについて熱く語っていたブログ。今は、言いたい事を言いたい時に語るんです。

main-rogo.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spinning-Spinner.jpg



えぇ、本日のOSAKAは小春日和にございます。


ところで、前回の生地にて「麻」の種類を取り上げたのですが、ちょうど折りしも新年度を迎えようとしている今日この頃、新人さんはもちろんのことベテランさんも「今年度こそは!」ってな風に新たな決意だの初心に帰るだの思っていらっしゃる方の多いことでしょう。

時にワタシも本日そんな気分にございまして、ここいらでいっちょ初心に帰って、もう一度「NIPPONのスーツ男子のための記事」を書いてみようじゃないかと思うわけであります。


というわけで、やっぱ「生地」でしょうと、いやもっと言うと「糸」でしょうと、私たちが普段もしくは余所行きに着用しているスーツは生地を裁って仕立てられるわけで、「super 120's」だの「15ミクロン」だの「強燃」だの「ウーレーン」だの「ウーステッド」だの生地にも色々あるけれども、そもそも生地って誰がどうやって作ってんのと、それを知って初めてスーツを愛せるんじゃないですかと、そんな初心に立ち返って書いてみたいと思います。


ってか中身は明日に書くんですけど、一応流れを説明しておきますと今回取り上げる主な工程は二つ「Carding」と「Spining」、つまり「原毛をほぐす」ところと「それを糸に紡ぐ」ところね。

こういうところを是非、動く映像でスーツ好きの皆さんやスーツ初心者の皆さんに見て欲しいんですよね。ってかやっぱ、何でもそうですけど、モノが作られている現場を見るって大事で、そこから「作り手に対する敬意」ってもんを持つに至り、それがファッションにおける懐の深さに繋がると思います。



>>人気blogランキング順位

スポンサーサイト




恩恵には与ってないのですが、バブル期に良い生地を見たこともあって、今そういうのが滅多にない…というか、量販店のスーツなんか見た日にゃ悲しくなりますが、何がどう違うのかとか説明不可能なので、楽しみにします。そういや、真綿が木綿じゃないってのも最近知ったのでした。

P.S.小春日和は11月頃の暖かい日のことですよ(^_^;)
【2008/03/22 02:39】 URL | AL #/5lgbLzc[ 編集]
エロデンジャラスなコメントが多いのう・・・ってかマジで。
【2008/03/22 19:33】 URL | はだゲソ #-[ 編集]
>ALさん

こんにちは。
小春日和・・・物知らずでお恥ずかしいです^^
ついつい、言葉の意味より響きで語ってしまう=格好から入る一面をさらけだしてしまいました。

ご期待にお応えできるかどうかわかりませんが、ひとつ書いてみたいと思います。


>ゲソ師匠

そうなんですよ・・・
最近急に増えて困っているんです。
ホスト拒否するのですが、それをスルーして届いちゃうんです・・・

何とかできないか、再度検討してみます。
【2008/03/22 23:09】 URL | PINO #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 スーツ 着こなしのブログ, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。