FC2ブログ

昔々、スーツの着こなしについて熱く語っていたブログ。今は、言いたい事を言いたい時に語るんです。

main-rogo.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sty0807082245005-p5.jpg


えぇ、人事異動以来バタバタとしておりまして、更新が滞っております。

なんとか、週2ペースぐらいででも書いていきたい今日この頃、

我等がOSAKAの歴史に大きなピリオドが刻まれたわけであります。


【以下ニュースから抜粋】

さようなら、くいだおれ――。大阪・道頓堀の飲食店「大阪名物くいだおれ」が8日夜、閉店した。創業から約60年。看板人形「くいだおれ太郎」が見守るなか、ゆかりある著名人ら約120人の招待客や大勢の常連客が集まり、別れを惜しんだ。

 この日は通常より2時間早い午後9時に営業を終了。店頭で「永いこと ありがとう」との吹き出しを付けた太郎の前に立った山田昌平社長(71)は「59年間、ありがとうございました。くいだおれと太郎が将来も道頓堀で働けるよう努力する」と最後のあいさつをした。

 続いて女将(おかみ)の柿木道子会長(67)が「くいだおれは日本一幸せな店でした。おおきにー」と笑顔で感謝の言葉を述べると、周囲に集まった数百人から拍手が沸き起こった。その後、店の看板のネオンが消されるとともに“愛息”が店内に片づけられ、午後9時半ごろ、くいだおれは創業から59年の歴史に幕を下ろした。


kuidaore.jpg
『くいだおれ太郎』

くいだおれ1階正面にある、チンドン屋の格好をした広告宣伝用の人形こそ、OSAKAが誇る3大オブジェ「通天閣」「ビリケン」と並ぶ「くいだおれ太郎」なわけだ。

ちなみにチンドン屋さんっていわゆるリアルOSAKAの歴史と縁浅からぬ存在で、新世界じゃんじゃん横丁の名前の起源にも関係しているんだよね。

この度くいだおれの閉店に伴い、太郎と弟の次郎を引き取りたいという者が殺到しているそうで、中には10億円なんていうスゴイ金額を打診しているヒトもいるんだって。この太郎人形ホント使い方次第ではスンゴイ仕事してくれそうですからねぇ

だって、関西国際空港が開港した際、「大阪を代表するオブジェ」としてオーストラリアの航空会社と旅行会社のタイアップ企画として同空港第1便となるオーストラリア行きの旅客機に「乗客」として搭乗したり、阪神・淡路大震災で低迷した国際線の旅客回復・増大を目指し、同様の企画でロサンゼルスへ当時ドジャースの野茂投手の応援のために球場に乗り込んでみたりなど、魅力的な活躍いっぱいしてきましたものマジデ。

で、私の記憶の中で一番ヲサレなくいだおれ太郎のエピソードはこちら、

1992年、阪神タイガース優勝が目前に迫ると、前回の優勝時に熱狂したタイガースファンらにより道頓堀に投げ込まれたカーネルサンダース像の代わりとして太郎が道頓堀に投じられてしまうのではという危険性が急上昇。それを回避するために、くいだおれ側がとった対策とは













浮き輪に水中眼鏡という特別コスチュームと

「わて、泳げまへんねん」 というふきだしの看板!





我等がくいだおれ太郎、長い間お疲れ様!

大阪名物くいだおれ
公式HP http://www.cui-daore.co.jp/index2.html
スポンサーサイト




大左衛門ちゃま
暑い部屋での更新、お疲れ様でございます。
先だっては拙校でのナイス&ホットなご指導、ありがとうございました。
さて本日の記事、上方商人のタクマシサを堪能させていただきますた。
さぞかし経営者の老後を悠々自適に過ごすだけの蓄えを確保したことでしょう。
それにしてもわしゃ従業員の進路が気になるわい。。。
【2008/07/11 07:51】 URL | はだゲソ #-[ 編集]
>ゲソ師匠

押忍!

その節は大変お世話になりありがとうございました。
生徒さんたちも皆さんお元気でしょうか。

こちらは、開け放った窓からカーテンを揺らす風が鈴虫の音をはこんでまいります。

さてくいだおれ、通天閣の麓は探索いたしましたが、近くて遠い道頓堀界隈は未開の地と存じますので、また秋のご遠征の際にでも是非ご案内させていただきます。

ラーメン博士のゲソ師匠に召し上がっていただきたいミナミの名物ラーメンがございますので。。。

【2008/07/11 21:52】 URL | PINO #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 スーツ 着こなしのブログ, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。