昔々、スーツの着こなしについて熱く語っていたブログ。今は、言いたい事を言いたい時に語るんです。

main-rogo.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クールビズ』って、今年も健在なんですね^^

様々な思惑が錯綜して世に広まったクールビズですが、今夏で4年目だそうです。
そんなクールビズをヲサレに着こなしたい男性向けに興味深い記事を発見。

男のおしゃれ:クールビズの着こなし術 適正サイズですっきり
 
■今月のナビゲーター : 某有名アパレルメーカー商品開発室長さん/大手呉服屋系百貨店プロパーソナルスタイリストステーション責任者さん
 
 ◇腹部への視線、外す工夫を

 ★「ゆったり」逆効果

 一番のポイントはサイズ選び。おなかを隠そうと、ゆったりめのシャツを選ぶのは逆効果だ。Aさんは「適正なサイズで体にフィットするものを選んだ方が、すっきり見える」と話す。サイズが大きいと身幅も袖幅も太くなってだぶつき、ずんぐり見えるので要注意。シャツを着て立った時に、身幅と袖の間に少しすき間ができるのが望ましい。

 袖の長さも、夏場は秋冬ものよりも5ミリ程度短めにするとスマートな印象に。オックスフォードなど表面に凹凸感のある素材を選ぶと、汗をかいても体にひっつかず、見た目も涼しげだ。

 ★縦ライン強調

 次に着こなしのテクニック。「気になる部分を隠すのではなく、目がいかないよう視線を外すことがポイント」とBさんはアドバイスする。例えば、クレリックシャツ(襟とカフス部分が白で、身ごろと袖が色柄物のシャツ)なら、おなかよりも襟元に目がいく。

 横にボリュームのある人は、縦のラインを作ることを心掛けよう。縦ストライプのシャツなら体を縦長に見せる効果がある。


【毎日新聞 2008年7月10日 東京朝刊】


なるほど、サイズ選びと縦ライン強調は確かにキーポイントですね。

まぁ、袖丈を5ミリ短くしてスマートな印象・・・ってのはかなり強引ですけど、長くて汗で黒ずみが目立っているよりはよほどマシでしょう。


さて、私もちょっとクールビズで他人と差をつけるヲサレポイントをご紹介しちゃいましょうかしら。

それってのは、


「ネーム(イニシャル)刺繍」



シャツにネーム刺繍入れる人少なくないと思うんですけど、皆さんどの場所に入れますか?

胸、二の腕、カフス・・・ここらへんがネーム入れの王道ですけど、ワタシ的オススメは「ウエスト部分」です。

先日チラ見した「CHANGE」ってドラマでのキムタクがウエストにネーム入れてるシャツ着てましたね。

name.jpg


今年のクールビズは、ウエストネームチラ見せで。




>>人気blogランキング順位



 
スポンサーサイト




こんにちわ、車バカです
車の知識ならあるけどPCの知識はからっきしw
ブログ初めてまだ間もないんですが、
凄く文章とかこだわってますよね、伝わってきます^^;
また遊びに来ます、これからも楽しい記事よろしくです♪
【2008/07/12 18:38】 URL | 車バカ #wLMIWoss[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 スーツ 着こなしのブログ, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。