FC2ブログ

昔々、スーツの着こなしについて熱く語っていたブログ。今は、言いたい事を言いたい時に語るんです。

main-rogo.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々あった最近でした。ってかマジデっす。


「人事異動」


この度は、上長として部下の異動を経験しました。

つまり、ワタシの上長から「○○さんの異動が決定されました。」という打診を受け、それをワタシから当該部下に告知するという経験です。

人事異動の本質を語るなら、これはもちろん「本人・職場・企業」の三者にとって有益なものであるからその異動が決定されるわけであって、少なくともネガティブな理由で異動を操作するなどという事は「成功している企業」ではそもそも起こりえない事と断言できます。

ただし、一方で現状の現場における「信頼関係」「チームワークの向上」などは日々生き物のように成長もし逆に鈍化もしつつあるわけであって、

これが、前者の「良い方向にベクトルが加速しつつある」場合においては、急な人事異動の決定というのはいかなる有益な理由に裏付けられているといえども、当該本人もしくはそのチームメイトにとって「ショックを与えずには済まない」事も事実でしょう。


このような、いわば「どのような職場であっても起こりうる現実」に直面し、とはいえその打診を前述した「三者三得」の方向に持っていくという責任を全うする。といったような経験をこの度得たわけであります。


結論を言うと、「総体的に見てネガティブに捉えられやすい人事異動」という一連の流れが平和裏に落ち着いた今、

ワタシの上長からは「君の部下に対する伝え方に感謝する」という言葉を頂き、当該部下から「PINOさんにそう言ってもらって、現職場を離れる寂しさはもちろんあるけれどもこの異動を有益なものにすることが私たちの使命なんだと腹に落ちた。」という言葉をもらった時に、ある意味晴れやさを感じられた事で大きなことを学んだ気がしました。


上長から異動の打診を受けた時に持った「今まさに最高のチームにならんとしている現場から人を抜くことは、梃入れ先にとってのメリットを上回るデメリットがあるんではないか?」という不満。

信頼関係を双方向に育んだ部下を放出するという強い寂寥感。

しかし部下は上司の所有物ではないのだから、ワタシにとって痛手であっても部下にとっては前途が開ける可能性に対して「オメデトウ」と言ってあげたい気持ち。


こういった気持ちのプロセスを経てしかるべき収まりを見ることができた、またそこへ向かってリードした事は正しかったんだ。という結論を実感して、かつシビアに「今後も変化し続けるワタシを取り巻く環境にとって有益であろう事」そしてそれが帰結する「企業にとっての利益の享受」

分かったような事を言うようはありますが、こんな感じの良い経験をできた最近でした。



>>人気blogランキング順位




スポンサーサイト




大左衛門ちゃま
また一回り大きくなった感じだねぇ~ってかマジで。
何事も悩み、知恵を絞って乗り越えることが大切だわな。
沢山のスタッフと職場をシャッフルできる職種っつーのは幸せだと思われ。
縁っつーのは物理的な距離に左右されないしね。
【2008/09/25 08:05】 URL | はだゲソ #-[ 編集]
>ゲソ師匠

押忍!

ありがとうございます。

「何事も悩み、知恵を絞って乗り越えることが大切」
「沢山のスタッフと職場をシャッフルできる職種の幸せ」
「縁は物理的な距離に左右されない」

全てが深く重みのあるお言葉で、特に「縁は物理的な距離に左右されない」という言葉は今こうしてコメントを書き込んでいるワタシが強く実感するものであります。

10月11月12月と厳しい戦いになりますが、与えられた資源で最大の効果を創出できるよう努めてまいりたいと思います。

【2008/09/25 14:36】 URL | PINO #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 スーツ 着こなしのブログ, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。